忍者ブログ
東京都板橋区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 板橋区常盤台1-43

 誠の碑
警視庁板橋警察署 宮本邦彦警部は、平成19年(2007)2月6日、自らの命を賭して人命の救助にあたられました。
「誠の碑」は、宮本警部が警察学校の卒業アルバムに寄せた「誠実」「誠心」「誠意」という心根を具象化し、制作いたしました。
碑の文字は、小山天舟日本書道美術館長の揮毫によるものです。
 誠の火 燃やしつづけし 君がみ魂
   受け継ぎゆかむ いつの世までも     天舟詠
 記念碑設置に際し、数多くの方々より善意のご寄付を賜りました。
 ここに感謝の意をこめて記します。
平成19年(2007)6月 宮本警部の記念碑を設置する会






所在地 板橋区常盤台2-13-7

 常盤台・斯波家住宅

木造二階建・近代和風建築 
登録年月日  平成20年(2008)3月27日
所有者     斯波都代子氏・斯波 寛氏
 ときわ台駅北側の常盤台1丁目・2丁目一帯は、東武鉄道が田園都市づくりをめざし、昭和8年(1933)~昭和13年(1938)に駅の開設を含めた26万4千㎡に及ぶ区画整理により造った街で、住宅地は「常盤台住宅」と呼ばれています。
 しかし近年、建物の老朽化・生活様式の変化に伴う建替えや、相続による土地の細分化等で建築当所の建物が少なくなってきました。
 この住宅も、平成16年(2004)に建築当初の形を維持できなくなる事態が生じましたが、現所有者は建築物の価値の重要性を鑑み、建物の二階部分と北側一部分とを曳家して保存しました。
 建築当初と比較すると規模は縮小され、位置も同敷地内にて移動していますが、広縁を含む四部屋が屋根を含めて建築当初のまま残っており、「常盤台住宅」の歴史を伝えるうえで重要な建造物です。
 平成21年(2009)3月 板橋区教育委員会


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性